220904 第3回子ども環境研究会

お知らせ

前回の研究会から引き続き、こどもの施設における居場所づくりについてです。
『建築とまちづくり』6月号の特集から佐藤未来さん(東京支部、象地域設計)にお話いただきます。

施設基準のなかにはない保育室以外のこどもが過ごすプラスアルファの場所は、小さくとも保育の場面場面でこどもを包んでくれます。
限りある空間の中でつくり続けようとする佐藤さんの取り組みをお聞きします。

(日時)9月4日(日)16時〜18時
(タイトル)保育を支える設計ーエピソードに学ぶ
(報告者)佐藤未来さん(象地域設計)
(内容)設計打合せでの対話や、竣工後のエピソードから、子どもの発達を少しずつ学んできました。
・園舎の隅々まで使われる工夫で生み出される保育室以外の居場所とは
・ほこら、階段ベンチ、中二階などのプラスαの居場所事例
・小さな場が持つ力
子ども一人ひとりを大切にする保育には、どんな場が必要か、考えていることを報告します。
——————————————————————–
(申込先)
新建築家技術者集団京都支部事務局 もえぎ設計
TEL:075-431-1120 FAX:075-431-1123
email: moegi@moegi-archi.com

タイトルとURLをコピーしました