建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年6月号(NO.520)

<目次> 特集 子どもを育む空間を再考する 小伊藤 亜希子 いま、子どもを育む空間に求められること 大塚 謙太郎 子ども主体の保育への出発点 ――建築的小空間の調査から 清水  肇 学童保育施設を生活の場にするために 佐...
お知らせ

7/5~沖縄と日本の関係史を学ぶ~講演会

お知らせ

福岡支部7月例会「竹の新しい利活用を考える」

福岡大学工学部社会デザイン工学科の佐藤教授が主催される「竹イノベーション研究会」などのお話をお伺いします。  放置竹林の対策と活用などをきっかけに面識を得ましたが、全国的にも課題となっている竹についての未来を考える活動をされています。 ...
お知らせ

京都支部6月企画「京都府の北山エリア構想を読み解く」― パブリックの役割とは何か・まちづくりの行方を考える ―

6月3日金曜日 18時半〜のオンライン企画 京都府立植物園、京都府立大学、旧総合資料館跡地などの一帯は、文教地域として親し まれてきた府民の貴重な財産です。 このエリアにPPP方式を導入して大幅な開発計画が持 ち込まれようとしています。...
お知らせ

6/11 住まいるデー「暮らしと住まいを考えるつどい」

6月11日(土) 会場 建設プラザかながわ2階 午前の部 10:00~12:00 午後の部 14:00~16:00 プログラム(各部) ・映画「人生フルーツ」上映 ・建築士によるセミナー(30分程度) ・住まいの無料相談 (希望制...
お知らせ

第2回子ども環境研究会

7月10日(日) 16~18時 オンライン 【報告】 報告者 :清水 肇さん(琉球大学 教授) タイトル:学童保育施設の生活の場にするために 内容: ・沖縄の学童保育での一人一人の過ごし方観察調査から見えたこと ・一人一人...
お知らせ

6/8 首都直下地震等被害想定の学習会

建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年5月号(NO.519)

<目次> 特集             人はどこに住むのか 室崎 益輝     災害危険と集団移転 鈴木  浩      被災者・避難者の居住確保に向けて   ――多発する大規模災害 佐藤  滋      若者の小さな渦が日本列島を...
お知らせ

機関紙コンクールで「建築とまちづくり」が「特別賞」受賞

(株)きかんしとあたごくらぶでは、毎年新年号を対象に表彰をしています。 「建まち」は特別賞をいただきました。 企画と編集技術が評価されたとのことです。 500号を超えるこれまでの積み重ねがありいただいたものと受け止め、これからも読んで...
お知らせ

5/28「マイクロプラスチックってなに ? 」講演会

タイトルとURLをコピーしました