建築とまちづくり誌

B5版 定価:750円(年間購読7800円) 申込み・問い合わせは新建築家技術者集団事務局まで
TEL: 03-3260-9800/FAX: 03-3260-9811/shinken@tokyo.email.ne.jp

 年間購読をご希望の方は下記の用紙にお書きいただき、メールまたはFAXでお申込みください。
  新建入会・賛助会員・機関紙購読申込み書

 バックナンバー購入をされる際は下記の項目をメールまたはFAXでお知らせください。
①発行年数 ②月号 ③号 ④冊数 ⑤お名前 ⑥郵便番号 ⑦ご住所 ⑧電話番号

順次バックナンバーの目次等をアップしています。 2020年以前はこちらをご覧ください

支払い方法  □銀行振込 三菱UFJ銀行 江戸川橋支店(普通)1170307
                     □郵便振替 00180-1-132761

2022年発行

建築とまちづくり2022年6月号(NO.520)

<目次> 特集 子どもを育む空間を再考する 小伊藤 亜希子 いま、子どもを育む空間に求められること 大塚 謙太郎 子ども主体の保育への出発点 ――建築的小空間の調査から 清水  肇 学童保育施設を生活の場にするために 佐...
2022年発行

建築とまちづくり2022年5月号(NO.519)

<目次> 特集             人はどこに住むのか 室崎 益輝     災害危険と集団移転 鈴木  浩      被災者・避難者の居住確保に向けて   ――多発する大規模災害 佐藤  滋      若者の小さな渦が日本列島を...
お知らせ

機関紙コンクールで「建築とまちづくり」が「特別賞」受賞

(株)きかんしとあたごくらぶでは、毎年新年号を対象に表彰をしています。 「建まち」は特別賞をいただきました。 企画と編集技術が評価されたとのことです。 500号を超えるこれまでの積み重ねがありいただいたものと受け止め、これからも読んで...
2022年発行

建築とまちづくり2022年4月号(NO.518)

<目次> 特集 建築まちづくり教育を社会とのかかわりのなかで ――多様な教育プログラムの実践を通じて考える 伴 年晶 建築設計事務所運営と建築教育 磯田 節子 建築設計演習を中心とする「教室を飛び出し社会を教室とする学び」 ...
2022年発行

建築とまちづくり2022年3月号(NO.517)

<目次> <主張>  新型コロナに振り回され   新型コロナの蔓延で振り回されっぱなしの仕事の現状は困惑しかない。コロナ初年度は台風の被害と相まって担当した建築の現場でも年度内に完了せず、もともと工期が間に合わない現場だったが製品の...
2022年発行

建築とまちづくり2022年2月号(NO.516)

<目次> <主張> 気候変動のいま、住まいづくりの対話を  昨年秋の第三十三回全国大会では、住まいの省エネ基準や気候変動を巡る議論が活発に行われました。今年四月から改正「省エネ法」が施行される状況のなかで、地球環境の荒廃や気候変動を...
2022年発行

建築とまちづくり2022年1月号(NO.515)

<目次> <主張> 新型コロナウイルス感染時代の一歩  昨年12月までに新型コロナウイルスに感染した人は、日本国内で約173万人で、1万8千人が亡くなられた。世界に目を向ければ、感染者約2・7億人、死者は538万人である。そして、オ...
タイの住まいづくり・まちづくり

タイの住まいづくり・まちづくり

建築とまちづくり2021年9月号No.510から連続でお届けしている「タイの住まいづくり・まちづくり」 石原一彦(立命館大学教授・新建京都支部)ですが、カラーで伝えたいため、特別にweb掲載することにしました。 2021年9月...
お知らせ

第14回新建賞2021 受賞一覧 (敬称略・詳細は次号特集で掲載します。)

第14回新建賞2021受賞一覧(敬称略・詳細は2022年2月号特集で掲載)   受賞者 グループ名 タイトル 大賞 大槻博司   高経年マンションにおける持続可能なマンションづくりの取組み 正賞...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2021年12月号(NO.514)

<目次> <主張> 当事者の声を掘り下げて多様性の時代に応える  新建全国大会が11月21日に行われ33大会期が始まった。  32大会期は新建設立50周年のさまざまな企画や新建全国研究交流集会により、全国の会員の実践や意見を聞く機...
タイトルとURLをコピーしました