建築とまちづくり誌

B5版 定価:750円(年間購読7800円) 申込み・問い合わせは新建築家技術者集団事務局まで
TEL: 03-3260-9800/FAX: 03-3260-9811/shinken@tokyo.email.ne.jp

 年間購読をご希望の方は下記の用紙にお書きいただき、メールまたはFAXでお申込みください。
  新建入会・賛助会員・機関紙購読申込み書

 バックナンバー購入をされる際は下記の項目をメールまたはFAXでお知らせください。
①発行年数 ②月号 ③号 ④冊数 ⑤お名前 ⑥郵便番号 ⑦ご住所 ⑧電話番号

順次バックナンバーの目次等をアップしています。 2020年以前はこちらをご覧ください

支払い方法  □銀行振込 三菱UFJ銀行 江戸川橋支店(普通)1170307
                     □郵便振替 00180-1-132761

建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2023年1月号(NO.526)

<目次> 特集 脱原発と住民自治 池田 豊 地方自治から考える原子力災害避難計画 大石 光伸 原発とまち 池田 豊 コラム:ザポリージャ原発危機と日本 和田 悠 脱原発運動からデモクラシー市民運動へ ――板橋における航...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年12月号(NO.525)

<目次> 特集 建まちセミナー2022in茨城 豊かさ再構築 【第1講座】乾 康代〈報告者:新井 隆夫〉 原発ゼロ社会の議論をはじめよう 【第2講座】藤本 昌也〈報告者:川本 真澄〉 今こそ私たち建築人は専門家の立場からわが国...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年11月号(NO.524)

<目次> 特集 これからの住まい方と建築技術者 中林 浩 ポジティブな集住 桜井 郁子 コラム:京都ソリデール――京都における異世代ホームシェア 安東 健雄 《インタビュー》分散型サ高住「ゆいま~る高島平」 木村 よしひろ...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年10月号(NO.523)

<目次> 特集 九州特集 地域文化の再評価・新しいしくみづくり 矢房 孝広 暮らしや生業に繋がる知恵は生き残れるか ――評価軸の変化と適応 大中 幸子 まちの入りあい地 ――好きなことを、好きなとき、好きなように 村上 雄...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年9月号(NO.522)

<目次> 特集 公共空間破壊に抗う各地の取り組み 中島 明子 私たちの「コモン」を取り戻そう! 若山  徹 神宮外苑再開発と私たちの提案 新建築家技術者集団東京支部 神宮外苑再開発に対する見解と、神宮の杜の歴史と文化を継承す...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年7・8月号(NO.521)

<目次> 特集 建築を永く生かす構造技術者 中島 正晴 木造耐震診断・耐震計画の実際 摺木 勉 既存鉄骨耐震改修での工夫 甫立 浩一 木造耐震補強・施工者の立場          石上 圭介 コラム:地域係数への違和感 ...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年6月号(NO.520)

<目次> 特集 子どもを育む空間を再考する 小伊藤 亜希子 いま、子どもを育む空間に求められること 大塚 謙太郎 子ども主体の保育への出発点 ――建築的小空間の調査から 清水  肇 学童保育施設を生活の場にするために 佐...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年5月号(NO.519)

<目次> 特集             人はどこに住むのか 室崎 益輝     災害危険と集団移転 鈴木  浩      被災者・避難者の居住確保に向けて   ――多発する大規模災害 佐藤  滋      若者の小さな渦が日本列島を...
お知らせ

機関紙コンクールで「建築とまちづくり」が「特別賞」受賞

(株)きかんしとあたごくらぶでは、毎年新年号を対象に表彰をしています。 「建まち」は特別賞をいただきました。 企画と編集技術が評価されたとのことです。 500号を超えるこれまでの積み重ねがありいただいたものと受け止め、これからも読んで...
建築とまちづくり誌

建築とまちづくり2022年4月号(NO.518)

<目次> 特集 建築まちづくり教育を社会とのかかわりのなかで ――多様な教育プログラムの実践を通じて考える 伴 年晶 建築設計事務所運営と建築教育 磯田 節子 建築設計演習を中心とする「教室を飛び出し社会を教室とする学び」 ...
タイトルとURLをコピーしました