徒然なるままに

支部ニュース2月号表紙

2月号の表紙はBjörkhagens groddamm(読めません。すいません。)でした。 ストックホルムの中心街から電車で20分もかからないところにあります。1月号で紹介した教会がこの公園の一角にあります。じつは教会に朝早く着きすぎてしま...
徒然なるままに

支部ニュース2024年1月号表紙

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1月の表紙は、ストックホルム市街から電車で南へ30分ほど行ったところにある教会を紹介しました。以前に建築雑誌で紹介されているのを読み、機会があればぜひ訪れたいと思...
民報連載

京都民報連載『住まいと暮らしのかたち』第15回 住み慣れた地域での新たな暮らし

京都民報の連載記事「住まいと暮らしのかたち」連載15回目1月14日に掲載されました。住み慣れた地域での新たな暮らし です。
民報連載

京都民報連載『住まいと暮らしのかたち』第14回 集まって暮らすグループリビング

京都民報の連載記事「住まいと暮らしのかたち」連載14回目12月24日に掲載されました。集まって暮らすグループリビング 〜ことらいふ嵯峨野 です。
民報連載

京都民報連載『住まいと暮らしのかたち』第13回 終の住処

京都民報の連載記事「住まいと暮らしのかたち」連載13回目12月10日に掲載されました。終の住処 〜住み慣れた家で暮らし続ける です。
民報連載

京都民報連載『住まいと暮らしのかたち』第12回 小さな町家改修

京都民報の連載記事「住まいと暮らしのかたち」連載12回目11月26日に掲載されました。小さな町家改修 〜古材再利用のすすめ です。
民報連載

京都民報連載『住まいと暮らしのかたち』第11回 実家を2世帯住宅に改修

京都民報の連載記事「住まいと暮らしのかたち」連載11回目が11月12日に掲載されました。実家を2世帯住宅に改修〜人の集まる家 です。
徒然なるままに

支部ニュース12月号表紙

12月の表紙は、市庁舎の向かいにあるカフェからの写真でした。訪れた5月初旬の北欧の気候は日本でいうところの冬のそれで、着ているものも真冬とほぼ変わらない格好でした。それでも現地の人たちは外の席でくつろぎ、コーヒーやアイスを楽しんでいましたの...
徒然なるままに

支部ニュース11月号表紙

11月の表紙は、ノーベル賞の晩餐会とパーティーの会場で有名なストックホルム市庁舎でした。晩餐会会場の青の間の壁が青くないのは表紙の文章に書いた通りですが、パーティー会場の黄金の間の壁画にも逸話があり、最上部に書かれている人物は首から上が天井...
徒然なるままに

支部ニュース10月号表紙

9月号で紹介したストックホルム市立図書館から次の目的地であるストックホルム市庁舎向かう道中の町並みです。パリのように街並みに厳格な規制があるようには見えませんが、それでも階高や軒の高さを出来るだけそろえるように配慮されているように見受けられ...