京都支部6月企画「京都府の北山エリア構想を読み解く」― パブリックの役割とは何か・まちづくりの行方を考える ―

お知らせ

6月3日金曜日 18時半〜のオンライン企画

京都府立植物園、京都府立大学、旧総合資料館跡地などの一帯は、文教地域として親し まれてきた府民の貴重な財産です。
このエリアにPPP方式を導入して大幅な開発計画が持 ち込まれようとしています。
今までに計画見直しを求める12万筆の署名が京都府に届けら れていますが、見直すどころか京都府知事選挙の後すぐに
計画を進めるとの報道がありました。 どんな計画が進められようとしているのか、合わせてPPP方式(パブリック・プライ
ベート・パートナーシップ:公民連携)の仕組みや課題などを読み解く機会を持ちたいと思います。

コーディネーター 久永雅敏(新建京都支部幹事)
ゲストスピーカー  福山和人(京都法律事務所 弁護士

申し込み・お問合せ先
新建築家技術者集団京都支部事務局 もえぎ設計 TEL075-431-112  FAX075-431-1123   
                           email: moegi@moegi-archi.co

京都府の北山エリア構想を読み解く<6月3日新建京都支部企画>

コメント

タイトルとURLをコピーしました